鳩の駆除をする

鳩は人類の歴史上最も古い家畜の一つと言われる程、人間社会において身近な存在です。当初は人里近くの土地に営巣していましたが、次第に洞窟や崖、土で造られた人類の住居に巣を作りだしてやがて食用としての飼育が始まったと考えられています。雑草等の植物の種子が主食ですが雑食であり、現在の日本で神社や駅周辺で頻繁に見かける鳩の食料の半分以上は人間社会から排出される食物と言われます。体内時計や地磁気等による方角感知能力が高くて帰巣本能が高いために伝書鳩として古来から利用されていて、栄養状態が良ければ一年中繁殖が可能です。近年では鳩は駆除の対象となることがありますが、駆除の際の捕獲や殺傷は鳥獣保護法により禁じられています。

近年の人間社会の住環境の変化にも鳩の生態は適応していて、マンション等の高層住宅が増加するとベランダに営巣することが増えています。高層住宅は天敵の猫等に襲われる危険が少なくて安全な営巣地として鳩に適している一方で、居住者の日常生活を阻害することから駆除の対象になっています。また、糞害による悪臭や建築物への美観悪化、病原菌や寄生虫の媒介獣であり鳴き声による騒音被害も発生しているために近年は社会的に駆除に取り組まれる傾向にあります。しかし、鳩の生態として羽根が傷ついたり羽根に物が当たることを嫌うため、巣を除去してから鳩を追い出して鳩ネットを広範囲に設置して物理的に侵入を防げば鳩の駆除ができるので、容易に日常生活を取り戻せます。